引越し

DV引越しのこと

知り合いに引越し業者さんがいて、その人に聞いた話ですが、世の中にはDV引越しなるものがあるそうです。
DVとはドメスティックバイオレンス。つまり、例えば旦那から暴力を受け続けていて逃げ出すための妻の引越しなど、そういうものです。

これって、通常の引越しより値段もはるらしいですが、業者としてもかなり神経を使うようですね。
なぜって、上記の例の場合、まず、旦那の留守に行わなければならない訳で、決行する時間帯が限られていること。場合によっては深夜や早朝という時間帯にやることも。
なので、もたもたなんかしてられないんです。万が一、旦那が帰ってきてしまって修羅場になったら、業者さんに危害が加えられることも想定していなければならないんです。そのため、警察にも連絡しておくのだそうですよ。恐ろしいですね…。

未来に向かってここのところ引越し依頼件数はそこそこ伸びてきているようなんですが、この話を聞いた2年ほど前は、東日本大震災の影響で住まいを動かしたくないと思う人が増えたそうで、ガクッと依頼件数が落ち込んでいたのですって。
でも、DV引越しは全く関係ないので、減りもしなかった。いや、DV引越しくらいしか依頼がなかったって時もあったようです。
引越しっていうと、未来が開けるイメージがあって、少なくとも怖い!っていうのは考えたこともなかったんですが、世の中、いろいろあるんですね。

ページのトップへ